2日目午後 Ballet "Ondine" at the Royal Opera House

2日目にはずっと楽しみにしていたバレエの『オンディーヌ』を観に行きました。
これは水の妖精オンディーヌに恋をした人間の男性の悲劇です。
ある日川の中から出現し、自分の影を不思議がり遊んでいるオンディーヌに近づくパレモン。
彼はそのあどけなく、愛らしい表情やしぐさに強く魅かれててしまう。
オンディーヌも彼に惹きつけられ、二人は結ばれます。
でもオンディーヌの不思議な人間とは違う行動は周囲を惑わせ、船旅の途中、オンディーヌは海の中に船員たちによって投げ込まれてしまいます。
それに対し、怒った海の王様は嵐を起こします。パレモンは命からがら帰途に着きます。
パレモンは結局オンディーヌを捨て、もともとの婚約者だったベルタと結婚式を挙げようとします。
でもその日、オンディーヌが現れ、彼の裏切りを責めます。
パレモンはまさにそのとき自分は本当にオンディーヌを愛していたことを悟るのですが、時既に遅し・・・!
彼はオンディーヌのキスで死を迎えてしまいます・・・・・!
オンディーヌは彼のなきがらを抱きかかえ海の中に沈んでいきます。
吉田都さんの踊りはほんとに水の精を思わせる軽やかさでひととき夢の世界へと誘ってくれました(^^)
この物語はドイツではフーケの『ウンディーネ』、現代ではディズニーの『リトル・マーメイド』が有名ですね。
水の精はかたちを変え、人魚へとつながっていきます。(そういえばスターバックスのロゴも人魚(^^)
c0045655_1522767.jpg
これはロイヤルオペラハウスのポスター。友人とこれは水中で撮影したのか、そうじゃないかと話してたんですが、よくわからず・・・(^^;;
c0045655_1530243.jpg
エドワード・バーン・ジョーンズの『深海』をまねてる?このジョーンズの絵は3年前「ウィンスロップ・コレクション展」の際上野で見ましたが動きを感じさせる絵です。絵の右上に魚が泳いでいて海の中だってわかります。また人魚の尾の先がくいっと曲がってて今まさに海の底にたどり着いたってことでしょうか。
裏切ると海の底に引きずりこまれるなんてコワイですねー(><;;




ロイヤルオペラハウスの中にフローラルホールがありますが、その窓がとてもきれい♪
いつもこの窓を眺めながらインターバルにお茶をしたりしています(^^)/
この日はロンドンに住んでいる友人と久しぶりに会い、ロイヤルバレエのお話をいろいろしてもらいました♪
c0045655_15164827.jpg

3階に上がるとロンドン市内が一望に見渡せて景色がすばらしいです。ロンドンアイなんかも見えます♪
[PR]
トラックバックURL : http://uchiyama.exblog.jp/tb/1742054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by azusak | 2005-05-10 01:33 | なんでも | Trackback

ぷ~ちんのだいあり~♪


by azusak
プロフィールを見る
画像一覧