Hogarth

mappetさんのブログでフラワーアレンジメントの型でホガース型があると紹介されていた。
ホガースのサインにまねた形、だということだが、ホガースはhという文字でサインをしていたらしい。
ホガースという名前で思い出した絵は、昔ロンドンにあったベドラム精神病院を描いたもの。
ベドラム精神病院は、最初は13世紀にできた修道院だったものが15世紀あたりから精神病患者を収容するようになったとのこと。
17世紀に入るとこの病院はなんと観光名所になっていったらしい。鎖につながれた狂人たちをお金を取って見学させたということであるが、今では考えられないこと。
18世紀あたりまでは精神病患者は人間とは扱われていなかったようです。
↓のホガースの絵は二人の女性が狂人を見学している図(1735年)
c0045655_220956.gif

↓は1860年代のベドラム精神病院(女性棟)。ずいぶん雰囲気が変わってきていますね。
c0045655_226188.gif

以前見たウィノナ・ライダー主演の『17歳のカルテ』も精神病院が舞台だったけど、これは20世紀半ばのお話。主人公はボーダーライン障害で入院しています(この病気は現代的な病気みたい)。
マクリーン精神病院というアメリカのホテルのような病院がモデル。ここはレイ・チャールズも入院していたようです。
c0045655_2353956.jpg

[PR]
トラックバックURL : http://uchiyama.exblog.jp/tb/2023613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by azusak | 2005-06-10 23:58 | なんでも | Trackback

ぷ~ちんのだいあり~♪


by azusak
プロフィールを見る
画像一覧