<   2005年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

質問回答サイト

最近知ったのだけど、Yahoo!にも質問回答サイトがあるのね~。
Yahoo!知恵袋、というのだけど、ちょっとしたギモンとか投げかけるとみんなが答えを教えてくれる。
「アメショー」でキーワード検索してみたけど、たくさんあるある、みんな見知らぬ人のために真剣に考えているだなあ、て感じ。ところどころ、げ!という回答もあるけど・・・(^^;;
ほかにも「教えて!goo」とか「はてな」とかもあるみたい。
今度活用してみようと思いました。
c0045655_23534168.jpg
こけももは今日も元気♪
[PR]
by azusak | 2005-05-31 23:54 | なんでも | Trackback

のだめカンタービレ

himeさんの影響を受けてわたしもついにのだめわ~るどに突入してしまいましたーーー!
二ノ宮 知子 さんの「のだめカンタービレ」デス。
笑えるクラシック???なんだそれ~?どうもクラシックと笑いが結びつかなくて・・・(^^;;
のだめ、てなんのことかわからなかったし、カンタービレはなんとなく音楽用語?て段階で。
最初はまあものはためし、というふうに読み始めたのですが・・・・!止まらず最初に4巻購入したあとは一気に12巻全部購入してしまいました!それも1日で読んでしまいましたデス。おもしろい!!
まあ私自身16年間ピアノをやっていた経験もぷらすになって(^^;)音大のピアノ科にいるのだめの考えてることもそうそう、なんて思ったりして・・・(わたしは挫折組ですが・・(><;;)
でものだめほどぶっとんでいる人はそういないでしょう・・・(^^;;; もじゃもじゃ組曲はなんなんだーーー!ぷりごろた~♪(←なんのことか知りたい方は作品を読んでくだサイ(^^;)
のだめと千秋(こちらはのだめの好きな人)と性格が正反対でそれだからこそ千秋には彼女が必要な感じもあるのデスね(^-^)/
作品に登場するいろいろな曲、あらためてまた聴きたくなりマス♪
c0045655_2342513.jpg

[PR]
by azusak | 2005-05-30 23:48 | なんでも | Trackback

備えは・・・

八ヶ岳南麓天文台地震前兆観測研究センターのHPによると
5月27日±4日で南関東で地震がある可能性があるらしい・・・
一部の新聞にも載ってるみたいだけど、コワイなあ・・・いちおう水と食料は確保しましたが・・・
ぷーちんは1度予知してくれたことあったけど、今度はどうかしら?
(そのときはぷーちんは地震の数分前から高いところにのぼったり降りたりを繰り返し、変な声を出し、地震の1分前くらいには寝ている私の頭の上にダイビングしてきたのでした・・・!)
c0045655_18544979.jpg
こらこら、のんきにしているばあいじゃないぞう~(^^;;
[PR]
by azusak | 2005-05-28 18:41 | ぷーちん | Trackback

「恋は五、七、五!」

3本目は、「恋は五、七、五!」。
これって意外とおもしろかった~♪期待してなかっただけに・・・
最初は半分寝ながら見てたのですが、だんだん見入ってしまって・・・!
高校生が「俳句甲子園」と呼ばれる俳句選手権に出る話なのだけど、俳句かー、おもしろいのかなあ、という最初の段階から登場人物が「俳句はポップだ~!」と叫んでいる声に思わず同調したりして・・・(^^;;
俳句て字数制限があるからこそ、気持ちが集約されててインパクトが生み出されるんですね~。
登場する高校生たちのキャラがまんがちっくでおもしろい。
それにしてもほんとうに「俳句甲子園」てのがあるんですねーー!見てみたい!
年に1度8月に愛媛県松山市で行われているらしい。スポーツのような白熱した試合が繰り広げられるとのこと・・・!
c0045655_2402958.jpg
主役はそーけんび茶の関めぐみさん。
c0045655_2304527.jpg

ノベライズもあるみたい。

ずるずると書いてきたイギリス&アイルランド記ですが、これでおしまい(^^)/
帰国後は時差ぼけに悩まされましたー(朝5時ごろまで目がらんらんだった(><;;)
[PR]
by azusak | 2005-05-24 01:56 | なんでも | Trackback

ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月

次は「ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月」。
シリーズの第2作ですね。
レニー・ゼルウィガー、この映画のために10キロ体重を増やしただけあってう~ん、ぼりゅーむあるなあ・・(^^;;
今回はマークの別に好きな人ができたのではと勘違いしたブリジットの心がアップしたりダウンしたりとかなりのドタバタな感じの映画に仕上がっています(^^;; おまけに取材先のタイでは犯罪に巻き込まれて刑務所に入れられちゃうし~(><;;でもそこでもぜんぜんめげないブリジットなのであった・・・
今読んでいる新井潤美『不機嫌なメアリー・ポピンズ』の中にこのフィクションのことものっていたけど、この小説、ってオースティンの『高慢と偏見』がベースになっているそうですね。オースティンの『エマ』もそうだけど、ラヴコメでちょっとした言葉の誤解とか、思い違いとかでトラブルが引き起こされていくのって昔も今も変わらない?(^^;;
c0045655_22505630.jpg

[PR]
by azusak | 2005-05-23 00:49 | なんでも | Trackback

6日目&時差の関係で7日目 Shall we dance?

次の日はいよいよ帰国(;;)1週間なんてあっという間でした・・・。
朝はダブリン市内のショッピングモールでぶらぶらしてました。イギリスのお店がたくさん。TescoとかWaterstone'sとか。
午後2時ごろダブリンからロンドンへ夜の7時半にはすでに機上の人に・・・。
最近のANA&他のエアラインは映画は好きなのを選べるので機内の快適度はかなりアップしましたね~(^^)/
今回映画は、行きと帰りで「Shall we dance?」と「ブリジット・ジョーンズの日記II」と邦画「恋は五、七、五!」を見ました。「世にも不幸せな物語」は最初ちょこっとだけ・・・・おもしろそうだったんでまた見てみようと思います(お金払って(><;)。
で、まず「Shall we dance?」(実際の映画の画面では最後に?がついていませんでした)ですが・・・ストーリーはオリジナル版とほとんど同じ!ただ先生がジェニファー・ロペスなもんでモダンよりもラテンダンスがまさにぴったり。草刈民代はクラシックバレエ畑の人で背中がきれいなのでモダン寄りの人でしたが。
主人公の奥さんばオリジナル版では専業主婦でしたが、こちらはばりばりのキャリアウーマン。夫が浮気をしているんではないだろうか、と疑いながらもそれを信じたくない微妙に揺れる奥さんの役をスーザン・サランドンが好演(^^)
それにしてもアメリカのだんなさんたちは大変だにゃー。奥さんにいつも愛を伝えなくっちゃだめだし、愛し続けなければならない!?そのため最後のシーンは夫婦の愛が中心となったものとなっています。
c0045655_15255383.jpg

↑Shall We dance? Official Bookなんてのもあるのね~。
ブログはこちら
[PR]
by azusak | 2005-05-22 01:26 | なんでも | Trackback

Wicklow & Glendalough その2

グレンダーロッホに到着。ここは6世紀に聖ケヴィンがこの地で修行をしたのが始まりとされています。
初期キリスト教の聖地のひとつとして発展したそうです。でいちばん繁栄したのは9世紀。そのころにもたびたびヴァイキングの襲撃を受けたとか。
その後12世紀にノルマン人が、イギリスがアイルランドを支配するにつれて衰退したそうです。アイルランドって昔から攻撃を受けっぱなしだったのね・・・(;;)
↓ここがゲイト・ウェイ。入口にあたります。二重の門になっています。
c0045655_038255.jpg

↓これが大聖堂(大きくないけど)。今は屋根がありません。石を積み上げた聖堂です。洗礼のためのボウル状に石をけずったものものの中に今も水がたまっていました。
c0045655_0434130.jpg

↓そしてこれがラウンドタワー(鐘楼)。33メートルあるそうです。地上3メートルくらいのところに入口がありますが、ここまではしごで登ってヴァイキングが襲ってきたときには修道士たちがここに隠れていたとか。
c0045655_045155.jpg

↓ここは聖ケヴィン教会。すべてが石造りで中はひんやりと暗い。
c0045655_0463423.jpg

遺跡内は墓地にもなっていてハイクロスがアイルランドだなあ、と思わせるものでした。十字の交差部に円環が結合してるんです。以前アラン島の写真を見ててこのハイクロスみたいなあ、と思っていたのでまじまじ近づいちゃった。
自然に囲まれて神に祈りを捧げる自給自足の生活・・・。心穏やかに毎日送っていたのね・・・と感慨深げにしてたらガイドさんがここではおしゃべりは禁止だったんだよ、と教えてくれた。う~む、仲間同士でおしゃべりも禁じられていたなんてわたしにゃ無理な生活だわ、とつくづく感じたのでした・・・(^^;;
c0045655_0491547.jpg

いや~、ここは墓地なんで写真の中にもしかしたら霊がまぎれているかも?うう・・・。

むかしむかし・・・
[PR]
by azusak | 2005-05-20 00:50 | なんでも | Trackback

5日目 Wicklow & Glendalough

5日目はウィックロウ&グレンダーロッホにバスツアーで行きました。
バスツアーといっても14,5人くらいしか乗れない小さなもの。
ダブリンを出て、まずはウィックロウの山道をバスで回りました。
一面緑の広がる丘陵。めちゃ寒かったです・・(;;)風もごーごー音を立てて吹いていたし・・・(><)でも緑がとてもきれい(^^)
c0045655_22583934.jpg

ところどころ湖がありましたが、水が黒い!でも汚染されているのではない、とバスの運転手兼ガイドさんがしきりにいっていました。氷河が作り出した湖ですって。
c0045655_2312349.jpg
いたるところにハリエニシダがあって、黄色い花が緑に映えます。羊さんもいっぱい。運転手さんがgorseていってたので日本語だとハリエニシダだよ、と教えてあげたら発音がむずかしすぎる、て言ったので「Hurry, any cedar」と発音すればいいといったら今度日本人がバスにのったらそれを使う、と言ってました(^^;;意味は「急げ、どんなヒマラヤスギでも」て感じ?
c0045655_2364555.jpg
途中には滝もありました。滝、て感じはしなかったけど・・・(^^;;どうみても斜面を流れている小川だよなあ。
c0045655_238467.jpg
このあたりにはアメリカ人俳優のダニエル・デイ・ルイスの別荘があるそうです。
あと途中エンヤの古城があったらしいけど、そちらも見えませんでした。
(おそらく膨大に広い土地をお持ちだろうからおうちのほうは森に隠れてる?)
ウィックロウて日本で言えば山口の秋吉台のような感じがしました。
映画「キング・アーサー」の撮影もここで行われたそうです。それからスコットランドと地形が似ているのでスコットランドが舞台の映画もここでよく撮影されるとのこと。
[PR]
by azusak | 2005-05-18 23:11 | なんでも | Trackback(1)

4日目夜 The Brazen Head

4日目夜にはパブで夕食をとりました。
ブレイズンヘッドという12世紀にできたアイルランドで一番古いパブです。
雰囲気的にはカントリー・コテージ・パブていう感じ。そんなに大きくはなかったです。外でわいわいと飲んでいる人たちがたくさんいました。
でも800年も歴史があるような感じはなかったです。今でも現役パブて感じ。
わたしはアルコールあんまし飲めないのですが(味がだめではなく、すぐ赤くなっちゃうのです)、雰囲気を楽しみました。アイリッシュシチューはあっさり味でした。昔はこうだったのかな?他ではこってり味だったので。
c0045655_23501935.jpg
店内はこんな感じ。
アイリッシュシチューの作り方はここに載っています。
[PR]
by azusak | 2005-05-17 23:50 | なんでも | Trackback

4日目午後その2 St. Patrick's Cathedral

トリニティ・カレッジのあとは、聖パトリック大聖堂へ行きました。
これはアイルランドでいちばん大きい教会とのこと。プロテスタントの教会です。
ここは450年ごろアイルランドの守護聖人聖パトリックが洗礼を行っていた礼拝堂があったところ。木造の礼拝堂から今の石造りの大聖堂になったのは12世紀とのことです。
18世紀には「ガリバー旅行記」の作者ジョナサン・スウィフトはここで大主教を勤めていました。彼は奥さんのステラとともにここに埋葬されています。
c0045655_2353467.jpg

c0045655_236585.jpg
ステンドグラスがとてもきれい(^^)
c0045655_2365344.jpg
c0045655_2372057.jpg
外からだとこんな感じ。時間は6時過ぎですが、真昼、って感じですね~。
[PR]
by azusak | 2005-05-17 00:01 | なんでも | Trackback

ぷ~ちんのだいあり~♪


by azusak
プロフィールを見る
画像一覧